ゲームボーイアドバンスGAMEBOY ADVANCE)は、任天堂が開発した携帯型ゲーム機。日本では2001年3月21日に発売された。

2001年までの半導体技術では3Dゲーム機を携帯型にすることが難しく、代わりに究極の携帯型2Dゲーム機として開発された。本機はゲームボーイシリーズとしては最後の製品であり、新機軸を盛り込みつつも、10年以上にわたるゲームボーイ開発で得た技術が総結集されている。携帯型3Dゲーム機は2004年ニンテンドーDSやソニーのPSPで初めて実現されたが、その前史にあたる。

2003年2月14日には充電式でクラムシェル(折りたたみ)式になり、フロントライト機能が追加され画面が明るくなった上位機種、ゲームボーイアドバンスSPが、さらに2005年9月13日には小型化し(横長デザインに戻る)、フロントライトからバックライトに変更されたゲームボーイミクロが発売された。略称は「GBA」。

ゲームボーイアドバンス本体(SP、ミクロ含む)、ソフトともにすべて生産終了[3]となり、本体の公式修理サポートも終了している。


この話題へのネットの反応↓

管理人コメント:ホントみんな持ってたなあ。そして通信ケーブル持ってる子がヒーローになってた記憶